ご挨拶

ご挨拶

1997年(平成9年)創業以来、建設業に必要とされる鋼製品を造り続けて創業20年以上の営業を続けて来ました。
これもひとえに全てのお取引先の皆様から頂いたご支援やご協力があっての事と思っております。
心より深く感謝申し上げます。

創業当初より、お取引を頂いた全ての方々にどうしたら信頼と満足をして頂けるのだろうか?を考えながら物造りをやって来ました。
社訓の一番最初に在る、(たった一つの「基本」を徹底するだけで、その人の評価や行動と仕事の成果は上がるはず。)を忘れずに、今後も創業当初よりの考えを継続する事で「明確なビジョン」「早い行動」「品質向上の為に必要な従業員のスキルアップ」を考え、お取引先の皆様よりこれからも安心してお取引して頂ける会社でありたいと考えています。

近年、経済情勢も大きな変革期を迎え、当社を取り巻く環境も厳しさを増してます。
競争環境が厳しさを増し、労働人口が少なくなる中で建設業界も人手不足を大きな問題として取り上げられています。

代表取締役 佐々木秀秋

当社は、外国人技能実習生を受け入れ、社内のスキルアップ研修をしたり新規加工機械等のインフラ整備で作業時間の短縮を実現しています。
この様な取り組みで、作業員の負担も減り製品品質の向上と安定した納期を更に向上させていきたいと思ってます。

又、今後も安全や環境により一層配慮し、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)運動を徹底する事により、事故のない安全な作業環境で従業員が安心して働けるように努力して行きたいと思っています。
これからも、会社全体が一丸となって頑張っていきます。今までと同様に、ご指導やご支援頂きたくお願い申し上げます。

有限会社 鋼営工業
代表取締役 佐々木秀秋

基本理念

品質方針を意識して、顧客からのクレームと不良品ゼロを目指す。

品質方針(目的)

有限会社 鋼営工業は、北海道を主体に鉄の形鋼(既製品鋼材)を使った加工製品を顧客の要求を満たす製品、サービスを適切に提供し続けていく。

  • 1)製品に要求される寸法精度を向上させるための行動には何が必要かを、常に意識できる人材育成をする。
  • 2)製品に要求される溶接品質を維持するための行動には何が必要かを、常に意識できる人材育成をする。
  • 3)製品の仕上がりにムラが生じないために必要な製造時間を考え、コスト意識を持って安定した仕上がりで、製品の製造作業に取り組む人材育成をする。
  • 4)顧客の満足度を上げるために約束した納期を守る。
  • 5)上記に示す品質方針は、顧客の要求と期待に応えるため、当社の社員に周知徹底して、品質を継続的に改善する。

品質目標

  • 1)要求された寸法精度及び溶接品質で製品を提供するために、常に安全な作業環境の確認と作業手順に改善の必要性はあるかを意識して寸法精度と溶接品質の向上を追求する。
  • 2)製品の仕上がりにムラが生じないために、常に5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を心掛けると共に、必要なインフラ整備の提案を意識し統一された仕上がりを追求する。
  • 3)約束した納期を守るために、消耗品等インフラの棚卸と機械整備状況を当番制で定期的に上席者とチェックを行い、インフラ全般の信頼性を協議する。
  • 4)品質向上を目的とした社内スキルアップ溶接競技会を年1回行い、スキルアップ教育に必要な、実施サンプルの評価と反省を行う。
  • 5)品質目標を周知させるための、定例協議会を行い顧客から何を要求されてるか意識する。

社訓(会社で守るべき教え)

社是(会社が正しいとするもの)